不動産の買取

不動産業者に不動産を売却をする場合のことについてとりあげてみたいと思います。土地や家などを売ろうと思ったら、その仲介を不動産会社に依頼して、売地や売家の広告を出してもらうということも多いとおもいますが、仲介ではなく不動産売買業者に売ってしまう手もあります。その場合には不動産買い取り価格はその会社によって査定額にも差があることが多く、その不動産の買取価格についてその会社の評価額をしっかりと見積もりをしてもらわなければなりません。

 

ここで忘れてはいけないのは、業者により違うということであまりに自分の希望通りでない場合にはほかにも数社、その不動産の買取価格を見積もりしてもらったり、先に複数の会社に連絡をして、不動産の買取価格の査定を依頼するというのもいいかもしれません。その他にも、例えば、場合によって仲介物件ということで広告をしてなかなか買い手が現れない物件に関して買取をすると不動産会社から打診があるようなパターンもあるようですね。

 

この場合、注意すべきなのは、不動産業者は仲介手数料だけもらうより、買い取った場合の方が利益が大きいために、不動産の買い手がすぐに付いたのにもかかわらず、買い手はなかなか現れなかったことにして、自分たちで買取をするということにして、なるべく安く売却させるようにして高く売りさばいて大儲けしようという悪質な業者も現実にありますので、注意しましょう。